成功者マインドセット

松田豊氏の逮捕につきまして

2018年8月4日

 

あなたはネットで自分や身近な人の名前を検索してみたことがありますか?

 

たまに同姓同名の別人の大活躍で一躍有名になってることがあります。

 

『ネットで偽大麻を販売した会社役員』と『ネット起業家で法人代表』って結構紛らわしいです。

 

初めて松田豊さんについて知ろうとした時、検索で同姓同名の別人がヒット

 

( ゚ ω ゚ ) ! !

 

今回は私のメンターであるネット起業家の松田豊さんについてのお話です。

 

 

Ads by Google

松田豊は聖人君子ではありません

 

いきなりですが

 

松田豊さん(以下:メンター)は自分を犠牲にしてまでみんなを幸せにしようとは思っていません。

 

本人がそう言い切っていますのでこれはその通り。

 

ではなぜメンターは成功する方法を教えているのでしょうか?

 

答えは簡単。

 

それがお金になるからです。

 

メンターはビジネスマンで経営者であって、NPO法人や慈善事業団体の代表ではありません。

 

今から今世紀最大級の当たり前のことを赤文字で強調してまで言いますが、

 

お金のために働くことは何も悪いことではありません。

 

何か別の目的が有って『働いている』というのであれば、どうやって生きているんです?

 

『働くこと』の意味はそれぞれでしょうが、『稼ぐ=お金を得ること』に変わりはありません。

 

もし、『お金を稼ぐこと』に何か『後ろめたさ』を感じる、『お金を稼いでる人を快くは思えない』のであれば、先ずはここを変えなくてはならないです。

 

お金を稼ぐことに対して嫌悪感を持っている人はお金を稼ぐことができません。

 

松田豊は詐欺師なのだろうか?

 

これはメンターのブログ記事やYoutubeでのアウトプットで直接知っていただきたいことではあるのですが、

 

メンターは学ぼうとする人たちに中身を先に与えています。

 

先に書いた通り、これも損をするつもりではやっていないわけで、つまりは回収する気満々で成功法則を学ばせてくれています。

 

じゃあどういうつもりでやってんの?というと

 

コツコツと地道に信頼関係を築き、将来的に末長く続く感謝のエネルギーを集めることでお金を生み出すという、ストレートでとてもアナログな長期戦略なのです。

 

『焦らず地道にコツコツやりなさい』と教えるメンター自身が『学ぶ姿勢』で私にも学ばせてくださっています。

 

師匠!ありがとうございます。

 

先に与える

 

『先に与える』

 

この言葉の意味するところはなんだと思いますか?

 

『奉仕や献身』でしょうか?『貸しをつくる』ということでしょうか?

 

おしいんですけどちょっと違います。

 

『愛』です。(うわー

 

愛は受けることで満たされるものでもありますが、

 

それを『誰かに与えることができない』ことほど不幸なことはないと私は考えています。

 

心が広いとか狭いとかの話ではありませんよ?(・ω・)

 

与えることができる『価値』を持ち合わせていないというのが不幸だと言っているのです。

 

つまり自分自身の価値を高めなけば人に与えること自体が侭なりません。

 

メンターは一人ネットビジネスのプロなので、一人ネットビジネスに特化したマインドセットで接して下さいます。

 

だからこそ私は松田豊さんをメンターに決めて学んでいるのです。

 

話逸れちゃいましたけれども。

 

 

お読みくださってありがとうございます。

 

Ads by Google

-成功者マインドセット
-, ,

Copyright© パラダイムシフト研究室 , 2020 All Rights Reserved.